上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
遅くなってごめんなさいね~~~~。

毎日どろろん睡魔君が私を襲う・・・・。
そしてコタツとお友達になってしまう訳です・・・・vv

とってもお楽しみ( ̄m ̄* )ムフッ♪だった14話です!

gungs14-12.jpg
しかも高画質で見てみればキャプりどころ満載やん♥

そんなことしてるからUPするンが遅いっちゅうこった(笑)


あっ!そういえば前回のおまけ。
何故かピザ屋にスカウトされて転職してたべっきょんさん(笑)
みんながフグンに連絡したい・・・って言うのを自分が止めてるから今日あったことも内緒にするから(笑)
だからビザ食べてけよっ(笑)って事だったらしいです。
抜け駆けか??(笑~~~~)











★14話★

勝負の前夜、ジュンはスニに会いに行こうとするが、妹に止められる。

★ありす⇒オンニが呼び方を聞くと、腹違いの妹じゃないかって。
えっっっっ!!!!!!!!
そうなん????まじ???これびっくりですけど?
確かにあっぱーって言ってるのは解ってたけども、絶対手下の人だと思ってたよ??????
それにしてもこの子がジュンクンの事好きだよね?きっと。




gungs14-1.jpg

妹  『お父様がお呼びです。』

ジュン『ちょっと出かける、すぐ戻る。』

妹  『ヤン女官に会いに行くのですか?あの女官はお兄様の障害になるだけです。』

ジュン『時間はかからない。』



※スニはジュンに話があるので、時間を下さいと言う。
gungs14-2.jpg

ジュン 『ここに来て、心の整理はつきましたか?僕への返事もまだもらっていないし。』

スニ  『コンジャママ、私はここに来て気づいたことがあります。ヨンソンゴンと離れれば、心の整理がつくと思いましたが、自分でもこんなにヨンソンゴンの事を好きだとは思いませんでした。私のヨンソンゴンへの気持ちが、こんなに深い所まで来ていたとは、、、でも、今は忘れようと努力しているのです。』

ジュン 『僕は待っています。』

スニ  『いいえ!たとえヨンソンゴンを忘れられたとしても、コンジャママのお気持ちを受け入れる事は出来ません。』

ジュン 『僕は自分の愛する人は自分で選びます。それは皇太子になっても変わりません、でもヨンソンゴンは違います。民間で育ってきたが、皇室に入って生きていく道を選んだんです、だから皇室が決めた人と結婚することになります。』

スニ  『だからこそ!今忘れようとしているんです!時間がすごくかかると思いますが。。。でも、コンジャママの所には行きません。それが言いたかったのです。』

スニの決別宣言に、ジュンは深く傷つく。

オモ~~~~~~!!!!!
スニちゃんジュンクンにフグンをすきだって宣言してるんじゃン!!!!!
ちょっと驚きかも~~~~~。
確かにジュンクン振られモードで翌日の弓矢対決にも影響するくらいだから何言われたんだ@@?とは思ってたけど。
こりゃぁ。痛いね・・・。





※まずは弓の勝負。
gungs14-3.jpg



フは肩の痛みもあり、うまく的に当たらない。ジュンもショックから立ち直れず、いつもの調子が出ない。


gungs14-4.jpg


最後の一投、フはサンギの言葉を思い出す、僕と弓はひとつだ・・・
gungs14-11.jpg





最初の勝負はフが勝った。
gungs14-6.jpg

負けるはずのない勝負に負けたので、テゴンは激怒する。
gungs14-5.jpg




テゴン  『自分の力で皇太子を掴むなんて言ったが、何も出来ないじゃないか!この後は私がなんとかする!』

そうねぇ。こりゃダーク父怒ります。当然です。ジュンクン全然身が入ってない。
負けるわけ無いもんね・・・。普通。
でもきっとみんな頑張ってるフグンを応援したくなっちゃってる?
って感じでフグン勝つと大喜びモード♥ジュンクン勝っても拍手小さいよ^^;
ちょっと可哀想や~~~~^^;
それにしてもこの後はまたダーク作戦だなんて。
全く自分の息子が信じられないのかよ?ダーク!!!!





★ありす⇒さぁ~みんなも謎だったでしょ、サンギおじさんとジュンママの関係が明らかに!!!
私思わず・・・なんだとぉぉぉぉ~ オンニもびっくりでした。


※ヨニはサンギを呼び出す。

ヨニ  『お願いよ!ヨンソンゴンの世話をやめてちょうだい。』

サンギ 『それは出来ません。』

ヨニ  『どうして?昔は私の言うことは何でも聞いてくれたじゃない。』

サンギ 『テゴンママ、確かにあの頃は、あなたは私の唯一の生きる希望だった、あなたがいたから生きてこられた。しかし、大公と結婚すると聞き、私は絶望して宮を出ました。これからどうしていいか分からずにいた時、私に優しく手を差し伸べてくれたのが、ヨンソンゴンの母君でした。その後ヨンソンゴンが生まれて、私にとっては心の中の息子なのです。私にもう一度生きる力を与えてくれたおふたりなのです。』

ヨニ  『そんな事いわずに、私の願いを聞いて!』

サンギ 『今の私には、ヨンソンゴンだけが生きる唯一の望みなのです。ヨンソンゴンの為なら、何でも出来ます。ヨンソンゴンを皇太子にする為なら、私はずっと傍にいて守ります。』

gungs14-7.jpg


そんなふたりの話を、ジュンは聞いてしまう。



★ありす⇒ジュンママがおじさんを好きなのかと思ってたけど、ふたりは愛し合ってたのね~権力の為か政略の為に、ジュンママはテゴンと愛のない結婚をしたんだね。
でも今更、自分の息子の為に、昔の感情を利用するな!!
おじさんはフグンが生きる希望って言うけど、フグンママを愛してたんだよね~だからその息子を守りたいのよ!
それをジュンママは感じとったんじゃないかな?と、思うんだが・・・
今回はみんな抑えてた気持ちが炸裂でーーーーす><

今回はありすちゃんの語り具合も見所ですよ(笑)!!!
やっぱり~~~恋仲だったかぁ。だからダーク父もサンギおじさん目の敵にしてるよねぇ。きっとダーク母はまだ未練あるんだよ・・・。
おじさんはきっぱりって感じだよね。
おじさん・・・;。;フグンのこと息子のように思ってるって;。;
泣けるじゃんっっ!!!
ってかこの回なんども盗み聞きジュンクンが出てくるけど。
どれもかなり切ないですねぇ。





※スニはフのところへお茶を運んで行く、お互い何と言っていいのか分からない。

フ  『元気か?』

スニ 『はい、ここは空気もよくて、とても良いところです。』

そこへセリョンがやってくる、フとふたりで宮を散歩する。

gungs14-9.jpg
セリョン 『ここは静かで昔のままの時間が流れてるみたいです。私がこんなこと言うのはおかしいですか?』

フ  『セリョンさんは、お母さんがいないで育ったから、時々物悲しい感じがする、僕の幼い頃と同じ顔をしている。僕も小さい頃からひとりだったから、ひとりぼっちの気持ちはよくわかりますよ。』


★ありす⇒やだぁフグン!いきなり包容力のあるお言葉!きっとセリョンは自分と同類?言葉変だけど、そう思うんだろうね。
皇太子を目指す気持ちと、この勝負がフグンをオトナにしてるんだね!
実際のチェ・ドンウクも、内面的にオトナになってるねぇ~きっと!!

ははは(笑)そうだねぇ。もうこの2人はすっかり友情モードだよね^^セリョンちゃんも信頼してるって感じでしょ?
でもでも皇太后がなにやら勘違いしてない?(笑)
くっつけろモードだよね(笑)



※次は馬上対決、得意なはずのジュンも、なかなか成功できないが、3度目で成功する。次はフの番。
ここで成功しなければ、ジュンの勝ちだ。
走り出した馬に向かい、ジュンの妹は笛を吹いて妨害する、これは人間には聞こえない。

フは落馬して、ジュンが勝った・・・。



フ   『あの時、馬が驚いていたんです。』

サンギ 『皇室の馬は訓練されているので、多少のことでは驚かないものです。』

フ   『でも、驚いて止まったんです。』

サンギ 『それはおかしいですね。。。』

その頃テゴンは、娘のしたことに満足していた。



※夜、フはスニを待っていた。

そしてスニにもらったクマのぬいぐるみを差し出して、

gungs14-13.jpg
フ 『大事なもの忘れただろう、持ってきたよ。』

スニ 『それはあんたが辛そうだから置いてきたのよ、もうひとつ同じものがあるからいいわ。。

フ  『でも僕のところにあるとダメになるから(花のように)返すよ。』

スニはそれを受け取る。

フ  『申請さえすれば、ソウルに戻れるから。』

スニ 『いいえ、戻らないわ。』

フ  『もしかして、ムンソンゴンの為にここに来たのか?』

スニ 『違うわよ!自分の意思で来たのよ!』



gungs14-8.jpg

その時、インとアレックスが会っている所を目撃するが、その姿を狙っているカメラマンを見つけ、ふたりで阻止する。

ジュンの妹の差し向けた罠だったが、フは再び肩を痛めてしまう。

インはフに、アレックスの事を話す。
gungs14-15.jpg

イン『彼とは留学していた時の、友達でもあり恋人だったの。一緒にアフリカの難民キャンプに行って、彼は韓国人とのハーフで余計に近くなったのね。』

★ありす⇒えーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!バリバリの白人やん!どこに韓国人の血が入ってんのよ!あっ。。ダニエル・ヘニーみたいなもんか?ご存知ない方すんまそん。。。


イン 『7年前に別れて、また傍にいたい気持ちを、女王として許せなかった。。コンジャも皇太子になれば、私の気持ちが分かると思いますよ。こんな私ですが、これからも守ってくれますか?』

フ  『もちろんです。これからもずっと陛下をお守りします。』


そこにスニが戻ってくる。


イン 『無事に逃げましたか?』

スニ 『はい、宮のものしか使わない通路がありますので、そこから外にお連れして、タクシーに乗るまで見届けました。』

イン 『それはお世話になりました。』

それにしてもこの2人のラブラブモードッぷりは何(笑)イン~~~~(笑)そりゃ驚くわいね^^;
それにしてもフグン、ダークの罠だって気づいたでしょ?例の彼女が居るのしっかり見たもんね?

gungs14-14.jpg




※フとスニは屋上で星を眺めている。

gungs14-16.jpg
フ  『小さい頃からこんなすごい星空は見たことないよ。』

スニ 『でしょう!私の大好きな場所なのよ。』

フ  『ヤンスニ ソウルに戻って来いよ、指輪の事はもういいから。』

スニ 『カン・フ あんた私に前に言ったじゃない、かっこいい皇太子になるんだって、あなたは皇太子になる人なんだから、私なんかに気を使わずに、皇室や国民に気を使ってよ。』

★ありす⇒フグン、必死にスニちゃんを戻そうとしてるよね。こんなにしつこく?言うフグンじゃなかったよね。オンニ曰く、フグンは鈍感すぎる!なんであんなにわかんないの?



※武道対決の日、ジュンの練習を見て、サンギはフに告げる。

サンギ 『憲法の極意は、相手の弱点をつくことです。そして自分の弱点を見せないこと。ムンソンゴンは右腕が強い、それに気をつけなさい。』

対決が始まるが、フは右肩に痛みが出て、思うように戦えない。フの弱点を見たジュンは右肩を攻めてくる。

gungs14-17.jpg

武道対決はジュンが勝った。

★ありす⇒オンニが、フはインを助けて体を痛めたの知ってるんだろうから、なんとか出来ないのかよ!って怒ってました^^
私は1対1になって、これで面白くなるじゃないと言ったら、オンニはフグンに圧勝して欲しかったって。
あらあら、いつの間にかあなたもブニの虜ですかぁ?? 違うと言われた・・・しくしく。。。
オンニ)私はダーク親父が許せないし、サンギおじさんが好きだから、全面的にフグンを応援するのよ!!
はいはい、まぁ理由はなんであれ、応援してください!ついでに歌手SE7ENも^^

↑またまた大爆笑!!!!
オンニさん~~~~~7君どうです?応援せずには居られないでしょ(笑)




※武道対決に負けて、落ち込むフに、

gungs14-18.jpg

サンギ  『今回は負けましたが、自分自身には勝ちましたね、目の前にあるものばかり見るのでなく、もっと先を見てください。』




★ありす⇒さぁ~~皆さん!お立会い!フグンのプチ告が始まりますよ~ スニちゃんと一緒に、ぽ~っとしましょ♪
ありすちゃん大分盛り上がってます(爆)!!!


※ソウルに戻る前、フはもう一度スニを説得した。


フ  『ヤンスニ、最後の頼みだよ、明日一緒にソウルに帰ろう。』

スニ 『もう私の事は放っておいて。』

フ  『君をひとりここに置いて帰れるか!僕の心が穏やかだと思うのか?』

スニ 『私には時間が必要なのよ。』

フ  『なんの時間?一体何が悪いんだよ、はっきり言えよ!』

スニ 『あんたのせいよ!あんたの顔を見て、声を聞いて、気を使うのが辛いのよ!もう放っといてよ!』

フ  『僕のせいで辛いのか・・辛くさせてごめん、どうしていいのかわからなくてごめん、なにも約束できなくてごめん。。。だけど僕は、僕の見える所にいつも君がいれば。。
僕は嬉しいよ。』
gungs14-19.jpg







★ありす⇒やーーん(≧◇≦)くすぐったいよぉぉ フグン!それを世の中は『告った』と言うのよ~スニちゃん、頬そめちゃったねぇ~ でも、またまた立ち聞きのジュンでした。。。
めッちゃ遠まわしな告白やね~~~~~~(笑)まぁいいです( ̄m ̄* )ムフッ♪想いが通じ合ったわけで(笑)
や~~~スニちゃん感情だしまくりでいいですね^^
それにしても盗み聞きジュンクン。これ立ち直れますか?
ハッΣ(゜ロ゜〃)まさか来週からダークに変身では????



※ソウルに戻る日、スニの目にはフしか映らない、その姿をじっとみるジュン。
ここもジュンクン可哀想だったよ~~~~~;。;
あまりにも色々ありすぎてジュンクンちょっと心配→どうした私(笑)



※気の抜けてしまったスニの所に、インの尚宮がやってきて、陛下に仕える尚宮にしたいと言われる。

突然のことに驚くスニ、インはスニが今回のアレックスの件、その前のフを外出させた件と、スニは信頼できると思い、自分の尚宮になって欲しいとの希望だった。

しかし、陛下の尚宮になれるのは、受学院で学ばねばならず、自分には資格がないというが、インが特別に受学院にも入学させると約束してくれたのだった。


★ありす⇒スニちゃん!すごい!いきなり尚宮ですか?!なんて昇進!
それだけインはアレックスが大事だし、そのことも知っていて信頼できる人を、周りに置きたいんだね。インも孤独だね。。。
うんうん!!!凄い凄い!これが一番いい感じで戻ってこれる理由だよ~~~~~。インは解ってやってるのかしら??(笑)ダークに文句も言われないし、学院にも通えるなんて!



※宮に戻ったフにサンギは。母親の事件の事で、詳しいこと知っている母親と親しかった人がいる。その人を探しだせば、事実がわかるだろう、あのことを知っている唯一の人物だから。。。と。

見つけ出して欲しいとサンギに頼み、受学院に登校したフは、制服姿のスニに会い驚く。

gungs14-20.jpg



次週・・・





※※※



★ありす>いや~色んなことが分かってきたね、サンギおじさんとジュンママはびっくりだね。
スニにフラれて、母親はフの「世話人と恋人同士だったりで、ジュンには辛いこと続きだね。来週から可愛さ余って、にくさ100倍ってことで、ジュンがダークになるかな?ってオンニと私の予想~

オンニが韓国の大学にいるときの、お世話係りだった20歳の女の子に聞いてみたんだって、宮S見てる?って。
そしたら、大学生には子供っぽい話だから、みんな見てないって言われたんだって(TT)

だから、今すごく面白くなってきたから、みんなに見て!って言ってってお願いしてくれたそーですぅぅぅ。

こまぷた~オンニ~

そこまで話を持っていくのに、半分脅しが入ってるんだよ^^
今月その子たちが日本に来たんで、東京の月島・築地あたりの観光を、私月島にいとこがいるんで、セットしてもらったのね。
そしたらものすごく喜んでくれたそうなのね。

で、その子達に、月島あたりの紹介をしてくれた子がSE7ENのファンで、日本からネットで見てるファンがたくさんいるんだから、あなたたちも是非テレビで見て!って言ったそうな・・・^^
お願い!クラス中に言って~~

それと今週末からオンニはYちゃんの受験で、来週のあらすじが見れないのよ。私に訳せと言うが。。。一応やるが。。期待しないでね(^人^)

水曜の夕方には戻るから、ドラマは見るって^^良かった~オンニも続きが気になるんだって!よしよし。
一次実技が日曜なんで、皆さん!日曜に是非南の方に向かって念を送ってね!受かれ~って!
受かれば火曜が二次実技だそうで。。。大変だよねぁ 頑張れ!Yちゃん!

なのにオンニは、ホテルに自由に使えるPCないかな?そしたらあらすじ見れるのにって。。。
おいおい、娘の受験でしょーが! だって私が受けるわけじゃないからさ、ヒマじゃん!

・・・うん。。。まぁね^^
(↑byありすチャン^^)




オンニさん&ありすちゃん本当にいつもありがとう
そして楽しいこぼれ話も密かに毎回楽しみです^^



Yちゃん~~~~受験がんばれ~~~~っっ!!
応援してるよっ!念を送る( ̄m ̄* )ムフッ♪





・・・ここで今日はお願いです・・・


このドラマ翻訳はオンニさんの素晴らしい翻訳は勿論。
毎回ありすちゃんが苦労してまとめ作業してくれているものです。

そしてドラマの内容を知りたいお友達や、ここに来てくれている皆さんにもと思い・・・・。
お二人のご好意でここに載せさせていただいています。

なのでこの翻訳文を他のBLOGなどに 無断で転載 することは、ご遠慮下さい。

ドラマの内容を理解したい・・・。と言う気持ちは皆同じだと思います^^
ですが。これは個人的な文面ですので、是非ここに訪問して読んでもらえれば幸いです。

宜しくお願いいたします<(_ _)>★管理人より★



スポンサーサイト
2007.02.24 
Secret

TrackBackURL
→http://yuchinsan.blog29.fc2.com/tb.php/442-bd3a837d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。