上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

Message from YG [2009.09.24]



お元気だでしょう. ヤン・ヒョンソクです.



去る何ヶ月間 YGに係わる誤解とうわさたちが周辺にあまりにも多かったようです.



実は私のすべきこともまともにできない YGが多くのうわさたちに関していちいち応じて解き明かすというのが あまり望ましい事ではないと判断されてその間言葉を惜しんで来たことが事実ですが,
YGの長年の沈黙がファンに重い荷になってしまったようで申し訳ない心に何字書いて見るかと思います.



予想される質問とともにインタビュー形式で返事して見るかと思います.




G-DRAGONのソロアルバムタイトル曲である "HEART BREAKER"が盗作論難があった. その間 YGではどうして何らの公式立場(入場)を明らかにしなかったのか?



まず盗作是非の真偽可否を別にして音楽を愛する大衆の一人として,
大衆音楽発展のために努力しなければならないアルバム製作者の一人として,
愉快ではない論難が起こったことに対して心よりお詫び致します.



その間 YGとジドレゴンが公式立場を明らかにしない理由は
担当ポブルリシング会社で原作者に曲を伝達したという話を伝えて聞いたから
原作者の意見を待ったからです.



当事者がまだ何らの意思を明らかにしなかったが
YGが先に立場を明らかにすることは手順ではないと思いました.




ソニ- ATVが YGに警告場を行かせた事実が時事マガジン 2580 を通じて放送になった. YGの対応方式は ?



先にソニ- ATVが警告場を YGに送ったか? 放送に報道するために送られたか?
やることなすこと公式立場(入場)と言いながら言論に公論化する彼らの行動に強い不快感を伝えます.



盗作と言う(のは)単語は音楽を作る人々において最大の不名誉とも同じ単語です.
追後に原作者たちが盗作ではないと明らかにしても, YGが法的に勝つと言っても
当事者たちには大きい傷自国で南を仕事です.



論難の中心になった “Heartbreaker”の場合,
90%の著作権持分を持った他のポブルリシング会社らが言葉を惜しんで来たことに比べて
10%を持ったソニ- ATV だけが公式立場(入場)でありなさいといいながら自分たちの立場(入場)を言論に発表して来ました.



数日前にはソニ- ATVの弁護士が時事マガジン 2580に出演して YGに警告場を行かせたという
内容をインタビューしたが YGが心配している点は放送を見た大衆は何らの法的效力がない
警告場をまるで原作者が YGを告発したように, YGが大きく損害賠償でもあわなければならないように受け入れているという点です.



多くの方々の心配とは違いソニ- ATVが送った警告場は
一日に白銅も越すように送ることができる形式的な書類に過ぎないです.



放送のために急にさせられたような不実な警告場には待った原作者の立場(入場)はどこにもなかったです.

時事マガジン 2580に出演したソニ- ATV側の人は弁護士だけではなくソニ- ATVの代表柄である
虚栄よさんもいたが彼がソニ- ATVの代表なのを隠して “韓国音楽出版社協会理事“ という
名前をつけてインタビューしたという事実に注目しなければならない必要があると思います.



論難が始まった去る一ヶ月間 YGはただ一番(回)もソニ- ATVに
よく見てくれと言う頼みや協議を要請したことがなかったです.
闇取引を通じる解決を願わなかったからです.


追後原作者たちの要請があって法的手続きを踏まなければならなかったら YGは真心を込めて臨むはずで それに関して少しも恐ろしい考えはないです.



しかしその間マスコミ報道を通じて無瑞雲存在で照らされたソニ- ATVの職員が
二, 三人の人という言葉を伝えて聞いた後で少し不安になったことは事実です.

果してこれらが原作者たちと直接連絡が可能な人々なのか?
原作者が彼らの意見に関心がありもしたことか?
一月になるように原作者の返事一言聞けない状況だから
無駄な疑問さえ起こります.



ソニ- ATVが YGに送った警告場にはジドレゴンの “Heartbreaker”と “Butterfly” 外にも
2NE1の “アドンケオ” とビッグバンの日本曲である "WITH U" が含まれていました.



突然の新しい消息に驚いたがジドレゴンだけでは不利のようだという
ソニ- ATVの新しい戦略と思います.



“アドンケオ” と "WITH U“ の場合, YGのメインプロデューサーたちであるテデ-とペリーの作品です.



テデ-の場合 10年, ペリーの場合 15年の長年の経歴を持ったプロデューサーたちとして
その間彼らの作曲した曲たちは数百余曲に至るのに不足な定規と基準で問題をしたら,
なかでも何曲が疑心を受けることもできるが去る 10年間これと言うに値する論難を聞いて見た事はないようです.



これらの場合数億ウォンにのぼる周辺のスカウト提議にもかかわらず 12年目 YGに残っているのに
自分たちが願わない曲は絶対作らアンアワッドン音楽的自尊心が強い友達だから今度
ソニ- ATV の下手で不器用なマスコミ報道によって彼らがいただいた傷と自尊心は易しく回復することができない 状態であり, YG も盗作作曲家集団で世論集めになっている状況です.



これらが著作権者である同時に有名人たちなのでソニ- ATVが利点を悪用しているという気がします.



ソニ- ATVは “She`s Electric”とジドレゴンの “Butterfly”が日程部分似たり寄ったりだと指摘しているのに, 時事マガジン 2580に出演した一実用ミュージシャンはこの二つの曲の似ている部分は二言として 5秒位と言いました.
しかし取り持ち率だから問題になることができるという意見を共に伝えました.

それなら私も意見を問いたいです.

数日前ユーチューブにモラでキャリーの新曲 "Standing O" が公開されたんです,

理曲の類似性は 2節ではなく 8節です.
5秒ではなく 24秒で取り持ち率のうえ繰り返しが多くて似ている部分の総時間を皆合わせれば 1分です.



理曲に対するソニ- ATV の立場(入場)はどうでしょうか?


分からないことは分からなくても 3ヶ月の前に発表した 2NE1の "IN THE CLUB" という曲をモラでキャリーが盗作したという 言葉は易しくできないようです.

ソニ- ATVが言う盗作基準よりずっと長くてずっと正確なのにね.



もしこの音楽がジドレゴンの音楽だったら... 正反対の状況であったらどうだったろうか?
という恐ろしい想像をして見ます.



恥ずかしい話だが “アドンケオ”の場合, ソニ- ATVで提示した音楽は “アドンケオ”を作った作曲者だけ なく私も一番(回)も聞いて見たことがない音楽です.

YG 人々が好んで聞く性向の音楽ではないからです.



ソニ- ATVの基準どおり, 似ている一部分を無理やりに合わせようと努力したらこの世の中に存在するどんな 音楽も自由ではないと思うところです.



著作権者たちの権利を保護するのがソニ- ATVの業務なら
他の著作権者たちに対する人格と権利も大事だということが分からなければならないと思います.



ソニ- ATVの性急なマスコミ報道によって YGとジドレゴンはその間もっと多い非難と皮肉ることを
受けなければならなかったんですがそれにもかかわらず YGはソニ- ATVに向けて, または言論を通じて団一言も 口を割らなかったです.



相手を尊重真書であって言うものがなくてはないです.



ソニ- ATVに伝える YGの初めと同時に最後の提案は
なにとも原作者の早速な返事を YG側に伝達してくださって
最終結果が出る前までは言論報道を慎んでください.



おって YGに問題を申し立てた 4曲たちが原作者または法院で盗作ではないという判決の日場合
無惨に踏み付けられた YGのクムトルゴリムも備えはしなければならないようです.



それなら今度盗作論難に対する YGの正確な立場(入場)は何か?



この世の中に存在するすべての論争と意見対立は処された環境によって, 眺める視覚によって,
または認識と概念によってお互いの判断基準が違うと思うのに私やっぱり ‘理曲が盗作だない. 影響を受けた受けなかった.’と言うふうの個人的な私見は打ち明けないです.



ただ論難の中心になった “Heartbreaker”の場合
正確に言わば 1節のラッププルロウが似ていて生じた論難なのに



Flo Rida 義 “Right Round”の場合海外音楽に関心あるこのごろ若い世代たちならほとんど分かる
とても有名な曲のうえなおかつこの間国内歌手が翻案曲と歌って空中波放送まで出演した曲だから
ジドレゴンと YGの仲間たちが, “理曲が分からなかったとかまたは大衆がよくモルルテだから密かに盗作しよう”と言うふうの発想は 成立自体にならないと思います. 世の中片わきに隠されたちょっとした秘密も皆明かされるこのごろみたいな超高速 インターネット時代では不可能な事だからです.



多くの意見たちの中には “ジドレゴンが敢えてどうしてそうだったろうか? ラップと歌詞を作るラップポドルにラップ何小節修正して また録音する仕事があまり難しい事ではなかったのに” という惜しさと “ヤン・ヒョンソクとテデ-, ペリー, クスィなど 彼の先輩たちはどうしてジドレゴンにどうしてこの部分を指摘しなかっただろうか?” に対する知りたい事も少なくなかったです.



大衆を欺こうとしたが生じた論難ではなくその反対だと思ってから生じた論難です.
それで今の状況がもっと切ないかも知れないです.

去る 12年間幾多の所属歌手たちとアルバム作業を一緒にして来た総責任者として, 論難を全然予想することができなかった
私に責任はジドレゴンに比べて数十倍, 数百倍に至ると思います.

それでもっと申し訳ありません. 一人で重い荷物を抱いているジドレゴンに... 彼のファンに...



もっと明らかにしたい誤った言論報道と誤解は何か?




YGは “Heartbreaker”が “ジドレゴンの単独作曲だ.
理曲が盗作なら大衆がこんなに好きなのか?“ というふうの精神病者みたいなことは言ったことがないです.



このごろビッグバンと 2NE1に対する関心のためか YG加えなかった言葉, 聞いて見ることもできなかった言葉がいくつかの言論に 報道されるうえあっけないうわさたちは相次いで起こってまた他のうわさたちを作り上げるようです.



対人関係を楽しまない方だから憎さと五してもたくさん受けるようになるが...



この間 YG歌手たちの KBS ラジオ放送禁止決定もそうだが
2NE1のデビュー初期担当マネージャーがインタビュー要請一度断ったという理由路だけで
一経済新聞は去る三甘い間 YGに対する非難記事を絶えずこぼし出しています.
すぐ昨日も “ジドレゴン盗作論難ヤン・ヒョンソク行き違った子愛” という題目で記事を
書きました. 去る三月の間この記者粉餌書いた YG 非難記事だけでも 30余順番は充分に過ぎるようです.



本当にくたびれないという表現が勝つと方にぴったりと合う表現のようですよ.
たぶん YGに対する愛情と関心がとてもあふれてそうするようです.



実は似ている方々が何人もっといらっしゃるが.
特別な恨みもなくて感情もなくて関心もない方々なのに, 見守るのに切なくて惜しい事だが
力無い企画社が言論社を相手に争うこともできない事でそうだとしてこんな方々によく見てくれと言って 頼む性格も悪くて 相手を咎めずに私自分から美しく作ろうという気がするこのごろです.



今度論難がもっと大きくなったことはジドレゴンが“天才作曲家”に包装されてあるからだという意見もある. どう思うか?



一つ面白い事実はジドレゴンとともに一去る 9年の間私または YGがジドレゴンを “天才” という単語で 表現したことがただ一番(回)もないという点です.



誰より所属歌手たちに冷情なのにうわさが立った私がそんなことを言わないということはその誰よりファンが よく分かるでしょう.



むしろこの前私の文でジドレゴンの共同作曲形態を詳しく説明してから製作者が公式的に
所属歌手の能力をけなすという誤解のためファンに酷い目に会った覚えます.



ジドレゴンが去る 3年間作詞, 作曲に参加した曲たちがおおよそ 60余曲だと分かっているのに,
作詞は大部分一人でして来たが作曲は大部分他の作曲家たちとの共同作曲でした.



その理由はビッグバンの忙しい日程によって編曲に投資する時間がたくさん不足だったからだが.
ジドレゴンが 16歳の時か? 私が個人私費をはたいて高額の楽器とコンピューター装備を支援してくれたし, その頃ジドレゴンが多いヒップホップトラックたちを作って来たりしたんですが惜しくもビッグバンの忙しいデビュー 日程によって腰砕けになった事です.

しかし本人の意志も, 私の期待も, マージしない未来にまた始めることができると思っている事です.


“RIGHT ROUND” に総 10人の著作権者がいるという話を私も言論を通じて伝えて聞きました.
以前にも言ったように外国での共同作曲形態はあまりにも一般的な形態です.



何月伝えた国内有名作曲家の方も取り上げたように,
作曲をするにおいて編曲作業も重要だがメロディーと歌詞を作って
曲の展開と流れを作って行く事は大変重要な事だと思います.



その理由は徹底的に感覚が支配する分野だからだが,
すべての芸術分野がそうしたように学ぶことと努力, 時間と経験は役に立つ要素であるだけ
感覚がなくては絶対光を 発することができない分野です.



22歳の新人作曲家に天才という言葉は本人が願う言葉も... 適切な表現でもないと思って
多くの人々がジドレゴンに期待をかけている理由やはり彼が天才女壻ではなく平凡ではない
感覚を持ったからと思います.

平凡ではなかった 13歳の小僧が今のジドレゴンになっていることのように現在より彼の発展可能性に もっと大きい期待をかけているからと 思います.



今度盗作是非が YGでわざわざ作り出した高度の広報戦略という音もある.




まず YGはそんな考えをするほど頭が良くないです.
またジドレゴンの場合有名グループのリーダーと同時に初ソロアルバム発表だから,
格別な戦略を悩まなければならない位広報の切実な状況ではなかったです.
放送活動も慎んでいる庭先なのに...



特定放送社に出演しなくて放送社との摩擦に対するうわさが多い.




そんなうわさが聞こえる度に該当の放送社に申し訳ない心だけです.
1週間に一度放送出演という YGの広報戦略のため生じた誤解みたいだが...



YGは所属歌手たちに適切なプログラムが何なのかを悩むだけ,
放送社との関係改善のために努力する方ではないです.



該当の放送社を無視するとか該当の放送社が YG 所属歌手たちの出演を拒否をする仕事が絶対ではないです.

放送社立場(入場)で見たら出演を願う歌手たちがいつもあふれるのにただ一番(回)も出演頼みをしたことがない新人 2NE1とジドレゴンに出演渉外を先にしなければならない理由がないと思います.

もう一度該当の放送社に申し訳ない心を伝えます.

思い出し次第に申し上げて見ると横書きを水泄しました.
あまり気持ち良い内容ではなかったからハッピーエンドで終わらせて見るかと思いますよ.


手短な消息

今週週末 太陽の一番目曲である “WHERE U AT” 義
ミュージックビデオ撮影をソヒョンスング監督とともに進行します.



去年太陽の初ミニアルバム活動期間がとても短かったという点を勘案して,
今度発表する 1集正規アルバムはなるべく長く活動することができるプロモーション方法を
構想の中にあります.



10月中旬 “WHERE U AT”のミュージックビデオとともにデジタル音源を先に公開する予定なのに,
正規アルバムの発表時期はまだ決定が出ない状況です.



太陽の詳しい消息は早いうちにまた伝えて上げるようにします.



来る 12月初週週末にジドレゴンの単独コンサートを進行する予定です.
オリンピック体操競技場で進行される今度コンサートは総 2回に予定していますよ.
早いうちに詳しい公知が発表になるはずで前売りは 秋夕が経って始まるようです.


今日はこれ位にしなくてはならない.

次には嬉しい消息たちだけ入って尋ねて来ますよ. さようなら. こっくり



2009 9.24
FROM YG







(出処:YG HP)




なっ、長いっっ!
色々問題が耐えませんね・・・・・。

まぁだんまりも良くないと思いますから、ちょくちょく公知文を出すことは必要だよねぇ。


それにしてもこの。
特定放送社に出演しなくて放送社との摩擦に対するうわさが多い

またこの問題? どうしてYGはこういう事が多いのか?
活動中はどの番組にも沢山出て欲しいのに!と思うのがファン心。

社長はそんなつもりは無い・・・・と言っても・・・・・。

7君の活動中も色々あったよねぇ・・・・・...( = =) トオイメ
これ、どうにかならんもんかねぇ。 進歩が無い・・・・・。



こんなNEWSも読みましたけど社長・・・・・。

フィソン、米最高級プロデューサーと手を組んで米国進出 innolife


ダークチャイルドって・・・・・・・゚・(ノД`;)・゚・  7君はどうなったのぉ・・・・・・。



Gドラ君の新しいMV貼っておきます。


G-DRAGON(BigBang) - Breathe [MV]



You Tubehttp://www.youtube.com/watch?v=E_UrgFqLTZc


スポンサーサイト
2009.09.24 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。